MENU

micro:bit用プログラム制御スイッチ(電磁石版)小学校第6学年理科「電気の利用」に最適

micro:bit用ワンタッチ制御スイッチ(電磁石版)

micro:bit用プログラム制御スイッチ(電磁石版)小学校第6学年理科「電気の利用」に最適

TFW-SW2

電気回路のON/OFFをmicro:bitから制御することができます。スイッチには電磁リレーを採用。電磁石が内蔵されており、micro:bitからの電気で電磁石がONになると、内蔵スイッチが磁力で引き寄せられてONになります(カチッと音が鳴ります)。簡単に脱着可能で、余計な配線は不要です。コンデンサーに溜めた電気を簡単なプログラムで制御することができます。FET版プログラム制御スイッチ(TFW-SW1)とは異なり、極性はありません。

プログラム制御スイッチセット(MB-SET-SW2)に同梱されているフィルムターミナル(TFW-FT2)を利用すると、既製品のコントロールが可能となります。

※micro:bit本体、豆電球、電池ボックスは商品に含まれません。

  • 本製品は最大電圧12Vとなっていますが、micro:bit本体は3Vの回路となっています。3Vより高い電圧がかかっている配線が一瞬でもmicro:bit本体に触れるとmicro:bitが壊れる事があります。本製品を授業で使う場合は3V以下での実験にとどめてください。
プログラム制御スイッチの使い方
  • スイッチに電磁リレーを採用

    電磁石に電気が流れると、スイッチが磁力で引き寄せられてONになります。(カチッと音がします)

    リレー図
  • 極性がありません

    極性が無いため、簡単に配線ができます。また、弊社独自の技術「バネプラグ」により、ワンタッチでmicro:bitの脱着が可能です。※micro:bit本体は商品に含まれておりません

    TFW-SW2 配線図
プログラム制御スイッチの使い方

サンプルプログラム

暗くなると豆球が点灯する

配線図

暗くなると豆球が点灯する(簡略化版)

http://tfab.jp/sw2p で簡略化版パッケージをお試し頂けます。

プログラムをダウンロード

暗くなると豆球が点灯する(簡略化版)
配線図