MENU

micro:bit用サーボコネクトボード

micro:bit用サーボコネクトボード

micro:bit用サーボコネクトボード

TFW-SB1

micro:bitのブロックエディタのシミュレータに現れる配線図と同じように接続しつつ、電源だけ電池ボックスから供給するためのボードです。

ボード用の電池ボックスとマイクロサーボがセットになった、micro:bit用サーボコネクトボードセット(MB-SET-SB1)もございます。

  • 過電流防止のためのリセッタブルヒューズ搭載。

サーボコネクトボードの使い方

1 サーボコネクトボードの使い方

ポピュラーなマイクロサーボモーター Tower Pro SG90 を使ってシュミレーターの通りの接続をすると、電圧・電流不足になります。

2 サーボコネクトボードの使い方

対策としては、電源を別に供給する必要があります。

3 サーボコネクトボードの使い方

実際にブレッドボートを使わず配線しようとすると、
・配線がどうしても煩雑になります
・片方がピンの特殊なワニ口クリップがあれば多少スッキリしますが、それでもショートのリスクが高い配線となります。

4 サーボコネクトボードの使い方

サーボコネクトボードTFW-SB1を使うとこんなにスッキリ。保護用ヒューズも入っているので安心です。

サンプルプログラム

Aボタンを押すとサーボモーターが180度回転、Bボタンを押すと戻る

プログラムをダウンロード

Aボタンを押すとサーボモーターが180度回転、Bボタンを押すと戻る
Aボタンを押すとサーボモーターが180度回転、Bボタンを押すと戻るProgram that servo turns around 180 degrees by pushing A button.